透明で公正な市場づくり

現在の日本には一般人でも利用できる金融商品が色々ありますが、最も有名なのは株式市場ではないでしょうか。株式は海外の投資家も含め、個人や団体が手広く投資活動を行っていることで非常に有名であり、日本を代表するのは東証一部と呼ばれるものです。ここで取引を行われる企業は一部上場企業と呼ばれ、大企業の代名詞ともなっています。大企業の全てが上場しているわけではありませんが、開かれた場所で公正な取引が行われているのが特徴です。

 
株取引にもルールがありますが、中でも最も近畿とされているのがインサイダー取引と呼ばれるものです。インサイダー取引というのは内部情報を知りえる立場の人間が、それを利用して不正に利益を得ようとするもので株取引における犯罪として認定されています。証券会社に口座を開設する際にインサイダー情報を持っている企業を申告することが義務付けられており、それに違反すると高額な制裁金が課されることになります。企業側も無傷ではいられないため、上場企業は職員の株取引は厳正に管理をしています。透明性が高く、公正であることが広く投資を集めるために必要であることから様々な規則が定められており、それを厳守することが求められています。