公開買付制度や大量保有報告制度の見直し

日本で株式投資が普及しない理由の一つとして、システムそのものに問題があることが従来から指摘されてきました。すでに改善された点はいくつかあると言えるでしょう。

 
その一つとして大量保有報告制度です。5%以上の株式を保有した際には報告しなければならないという制度が定められています。株式の大量保有は会社の支配権に関わることですから、これを報告することによって公正な取引が行われ、市場に与える予想の適正化を図ることが目的とされていました。また、不透明な持ち合いを明確化するという意味でも用いられたのです。

 
しかし、株主のプライバシーが守られないと言うことや、市場の匿名性というメリットを阻害すること、コストがかかることなどの問題点が指摘されて、見直しが行われたのです。

 
公開買付制度も見直しが行われました。制度の適用外の取引を組み合わせたことによって、それが規制の対象となってしまうことがあり、これが取引を躊躇させる要因の一つとなっていたと言えるでしょう。

 

 
このように、色々な制度によって株式の取引が阻害されていた現状を改善するために、これらの制度について見直しが行われるようになったのです。これによって取引の自由度が高まったと言えるでしょう。