金融商品取引法と取引の変化

自分の資産の運用先として銀行などの預貯金が、投資によるリスクを回避する手段として一般的な人たちに選択されてきました。しかし、預貯金の金利は長期間にわたって低水準の状態が続いています。そのため、資産を運用するという観点では、現状のように利息の期待できない預貯金は資産の運用先としてはあまり適していないことになります。そのため、近年では株式投資をはじめとして、投資信託やその他の投資によって資産を有効に運用しようとする人たちが増えています。
また、次々と金融商品が開発・販売されていますが、そのことによって投資をする人たちの取引にも大きな変化が現れています。料理03
投資に関する金融商品についてはその取引にあたってのルールが法律によって定められていますが、新しく開発・販売された金融商品については証券取引法などの従来の法律の対象にならない場合が多く、投資家を法律によって保護できないケースがよく見られるようになりました。従来の金融商品ごとに定められた法律では新しい金融商品に対応できなくなってしまったのです。そこで金融商品取引法が整備されるようになりました。
この法律では従来のものとは異なり、同じような経済的機能を持つ金融商品に関しては同じ法律が適用されることになります。そのため、投資家が投資を行なう際に十分に保護を受けることが可能となり、安心して投資を行うことができるようになったのです。